• ホーム
  • 発症してからでも大丈夫!花粉症治療薬ザイザルについて

発症してからでも大丈夫!花粉症治療薬ザイザルについて

2020年06月09日
くしゃみをする女性

今まで花粉症ではなかったのに急にくしゃみや鼻水が出たり、鼻づまりの症状があわれる場合があります。このように急に発症してしまった後の服用に向いているのが、花粉症治療薬ザイザルです。日本で最も利用されている治療薬なので安全性も高くなっています。ここでは、デメリットも含めて紹介します。

ザイザルは、アレルギーを抑制する第2世代抗ヒスタミン剤で花粉症に強い効果を持ちます。主成分であるレボセチリジン塩酸塩が、神経受容体Hと結合することでヒスタミンと受容体の結合を妨げ、くしゃみや鼻水などの不快な症状の原因となるアレルギー反応を抑制します。また花粉症だけでなく、慢性のアレルギー鼻炎や蕁麻疹や皮膚疾患などにも使われます。

眠くならない花粉症治療薬なので生活の負担を減らせます。第1世代抗ヒスタミン剤は脂溶性が高いため、脳の中枢神経に入り込み眠気を誘いがちでしたが、第2世代は脂溶性が低くヒスタミン受容体に選択的に作用するため、脳の中枢神経を抑制する副作用が少なくなりました。そのため花粉症治療薬の課題であった眠気を誘ってしまうことも少なくなり、日常生活の負担も減らしています。また唾液の分泌が減ることで喉が乾く副作用も感じにくいです。

大きなメリットといえるのが、長時間作用が持続することでしょう。一般的な花粉症治療薬は、1日2回服用しなければ作用を持続できませんが、ザイザルは1日1回の服用でよいため、飲み忘れてしまうリスクもありません。服用する時間を確認する手間も省けるため、ビジネスや学業に集中しやすい花粉症治療薬と言えます。

すばやく効き目をあらわす速効性もメリットです。主成分のセポセチリジンは、第2世代抗ヒスタミン剤であるセチリジンの半分の量で効き目を発揮するほか、同じく第2世代抗ヒスタミン剤であるフェキソフェナジンの1/12の量で済ませられ、高い効果を期待できます。

発症した後に服用しても効果があります。すばやく効果が現れることから、くしゃみや鼻づまりなどの一次症状を感じるようになってからでも服用できます。2050年には現在の2倍に増えると指摘されるほど、多くの花粉症予備軍がいます。しかし予備軍であると知らずに生活を続けている方が多いため、ほとんどの方が急に花粉症になったと思いがちです。このような予備軍の方であっても効果を感じられます。

コストの低い花粉症治療薬としても知られています。厚労省が認可しているため、保険が効くことや日本で最も多く処方されている花粉症治療薬であるため、コストが低いのです。医療機関で処方して貰う場合は、1錠あたりの自己負担分が約30円ほどと安くなっているため、花粉症が流行する2ヶ月間から4ヶ月間利用しても負担を減らせます。

お子さん向けの甘い風味を加えたシロップタイプがあることもメリットと言えます。錠剤を飲めない年齢であったり、錠剤を怖がるお子さんであっても服用しやすいです。喉につまらせてしまったり、吐き出してしまうこともないため不快な症状をしっかりと抑えられます。

眠くならない、1日1回の服用でよいなど、良い事だらけに見えるザイザルですが、デメリットである副作用についても知っておきたいです。感じ方には個人差がありますが、翌朝に眠気や倦怠感が残る事があると指摘されています。また頭痛や頭重感がある、喉が乾いたり吐き気がする、食欲不振になるといった事例もあります。稀にある副作用としてはアナフィラキシーショックや顔や喉の腫れ気持ちが悪くなったり、手足が冷えるといった事例も報告されています。これ以外にも副作用があるので、服用後に違和感を感じたら医療機関に相談してください。

関連記事
室内の花粉が空気清浄機で改善!

空気清浄機を活用すると室内の花粉対策ができます。花粉症対策の代表的なものが、マスクやメガネを身につけての外出ですが、それだけでは足りません。外出時に花粉が衣服や髪の毛についてしまうと帰宅時に室内に持ち込んでしまうからです。普段着に着替えるときに花粉が室内に拡散してしまうため、メガネやマスクをしても意...

2020年06月27日
食事から始める花粉症対策

花粉症対策に役立つ食材を摂取して予防を目指す方も増えています。特にポリフェノールを含んだ食品や乳酸菌、ムチンやセレンや亜鉛を含むものはおすすめできます。また食材によっては花粉症を招きやすくなったり、症状を悪化させるものもあります。食生活だけで治るわけではありませんが、家庭でできる食生活の改善を通して...

2020年05月22日
眠くなりにくいアレグラで賢く花粉症予防をしよう

アレグラという治療薬も花粉症予防に威力を発揮します。錠剤タイプの服用薬でアレルギーの原因であるヒスタミンを抑制する作用があり、くしゃみや鼻づまりといった一次症状を予防に効果的です。アレグラは今までの花粉症予防薬や治療薬の課題であった眠たくなるという副作用を、大幅に緩和しました。またアトピー性皮膚炎や...

2020年05月03日
花粉症対策は発症前の予防が重要な理由

花粉症対策は発症前の予防対策が決め手です。一度でも発症してしまうとくしゃみや鼻水、鼻づまりや目のかゆみを緩和するために治療薬を使うのが一般的です。市販薬にもヒスタミンを抑制する作用を持つものもありますが、対処療法であるため継続して利用しなければなりません。花粉症を軽く見がちですが、実は二次症状もあり...

2020年04月19日