• ホーム
  • 室内の花粉が空気清浄機で改善!

室内の花粉が空気清浄機で改善!

2020年06月27日
せきが出る女性

空気清浄機を活用すると室内の花粉対策ができます。花粉症対策の代表的なものが、マスクやメガネを身につけての外出ですが、それだけでは足りません。外出時に花粉が衣服や髪の毛についてしまうと帰宅時に室内に持ち込んでしまうからです。普段着に着替えるときに花粉が室内に拡散してしまうため、メガネやマスクをしても意味がなくなります。

空気清浄機だからといって何でも良いわけではありません。空気中に浮遊しがちな花粉対策に効果的であること、置く場所によって効果を実感できることも重要なポイントです。すでに購入している方の中には、以前は使っていたけどいつの間にか使わなくなったという方も多いです。大切なポイントを押さえておけば、室内の花粉をしっかりと除去できます。

空気清浄機を使う際に最も重要なのが、置く場所です。外でついた花粉を室内に入れないためには、玄関に設置するのが基本です。衣服や髪の毛についた花粉は、ちょっとした動作で床に落ちたり、空中を浮遊しながら室内に侵入してきます。これを防ぐには玄関口に据え置いて使用するのが、最も効果的です。

玄関に置く場合は、吸引パワーが強いものが良いです。帰宅した際に最も多くの花粉が体についているため、しっかり除去できるパワーが必要になります。強いパワーを持つものほど一定のサイズが有るため、置く場所に困るかもしれません。しかし玄関の隅にちょこんと置いたり下駄箱の上に置けるようなコンパクトすぎるものでは、花粉を除去する力が弱くなりがちです。しっかりとたくさん除去できる強力なものであれば、安心できます。

玄関に設置する場合は、玄関と床の境目をおすすめします。ここであれば、持ち帰ってしまった花粉をしっかりと吸引してくれるので、室内への侵入の心配を防げます。また室内に設置する場合は、部屋の中央におきます。多くの方は、移動のじゃまにならないように部屋の隅に置きますが、これでは効率的に花粉を除去できません。360度全方位から花粉を吸引できる部屋の中央こそが、最適な設置場所です。

専用キャスター付きであれば、重い空気清浄機も移動しやすいです。パワーのある空気清浄機は重量もかさむ傾向なので、移動させるときにかなりの力が必要になります。専用キャスターがついていれば、重いものでも押しながら移動できるので目的の場所に設置しやすいです。また花粉症の季節が終わった後に別の部屋に移動させたり、掃除の際にも役立ちます。

空気清浄機を使っても、効果の有無がはっきりしなければ、使っても使わなくても同じだと感じてしまいやすくなります。ですから、効果を実感できることも大切なポイントです。電気代などの節約などを理由に使わない状態が増えるようになってしまうと宝の持ち腐れになります。この対策に有効なのが、空気を見える化できるものでしょう。本体ディスプレイだけでなく、外出先から室内の空気のキレイさが視覚的にわかる専用アプリがあれば、効果を実感できるので長く続けられます。

加湿器機能がついていると花粉症対策効果をアップできます。空気が乾燥している2月から5月初めまでは、花粉が空気中を漂いやすい季節です。花粉が鼻や目についてしまうとくしゃみといった症状があらわれますが、加湿で湿度を高めれば花粉に水分が付着して重量が増し、落下しやすくなります。また加湿によって湿度を保てば鼻や口の粘膜を乾燥から守れます。一石二鳥の効果を期待できるのが、加湿機能です。床に落ちた花粉は、掃除機でしっかりと吸い取りましょう。

空気清浄機を正しく使えば、花粉症対策になります。自宅に花粉を持ち込みたくないなら玄関口が最も効果的、部屋に漂う花粉を除去したいなら360度全方向の空気を清浄化できる中央に設置するのがよいです。もちろん2台で使い分ければ効果抜群、加湿機能も活用すれば、考えられる中で最も強力な対策になります。

関連記事
発症してからでも大丈夫!花粉症治療薬ザイザルについて

今まで花粉症ではなかったのに急にくしゃみや鼻水が出たり、鼻づまりの症状があわれる場合があります。このように急に発症してしまった後の服用に向いているのが、花粉症治療薬ザイザルです。日本で最も利用されている治療薬なので安全性も高くなっています。ここでは、デメリットも含めて紹介します。ザイザルは、アレルギ...

2020年06月09日
食事から始める花粉症対策

花粉症対策に役立つ食材を摂取して予防を目指す方も増えています。特にポリフェノールを含んだ食品や乳酸菌、ムチンやセレンや亜鉛を含むものはおすすめできます。また食材によっては花粉症を招きやすくなったり、症状を悪化させるものもあります。食生活だけで治るわけではありませんが、家庭でできる食生活の改善を通して...

2020年05月22日
眠くなりにくいアレグラで賢く花粉症予防をしよう

アレグラという治療薬も花粉症予防に威力を発揮します。錠剤タイプの服用薬でアレルギーの原因であるヒスタミンを抑制する作用があり、くしゃみや鼻づまりといった一次症状を予防に効果的です。アレグラは今までの花粉症予防薬や治療薬の課題であった眠たくなるという副作用を、大幅に緩和しました。またアトピー性皮膚炎や...

2020年05月03日
花粉症対策は発症前の予防が重要な理由

花粉症対策は発症前の予防対策が決め手です。一度でも発症してしまうとくしゃみや鼻水、鼻づまりや目のかゆみを緩和するために治療薬を使うのが一般的です。市販薬にもヒスタミンを抑制する作用を持つものもありますが、対処療法であるため継続して利用しなければなりません。花粉症を軽く見がちですが、実は二次症状もあり...

2020年04月19日